【顔の油で】スマホ画面がベタベタに!?対策と清潔な使い方!

スマホ画面がベタベタに!?顔の油対策と清潔な使い方! 美容系

こんにちは、当ブログの管理人のmiyaです
当ブログではアフィリエイト広告を利用しております。それではごゆっくりとご覧ください。

暑い季節が近づくと・・・

スマホ画面が顔の油でベタベタになっていませんか?

スマホに油が着くということは本人が思っているよりもテカリがある油が顔を覆っている可能性があります。

男性もですが意外と女性にもこういった傾向が多いようです。

顔の油がついたスマホってあまり使いたくないですよね。。。

一々、ウェットティッシュやハンカチで拭くのも面倒だし。。

ならばそのまま肌改善からはじめてみませんか?

今回は

  • 肌とスマホについた油について
  • 顔の油対策としてできること
  • スマートフォンの清潔な使い方
  • 顔の油に最適なフェイスウォッシュ

上記の内容がわかるようになりますのでぜひとも参考にしていただければと思います。

読むのが遅くても5分弱で読めるよ!

肌とスマホについた油について

肌とスマホについた油について

近年、スマートフォンの普及により、私たちは日常生活でこれまで以上にデバイスと向き合う時間が増えています。

その結果、顔の油や汚れがスマートフォンの画面に蓄積され、時にはベタベタとした感触をもたらすことがあります。

このような状況は、肌トラブルの一因となり得ます。
特に、顔の油がスマートフォン画面に付着し、そこから再び肌に戻ることで、毛穴の詰まりや肌荒れを引き起こす可能性があります。

顔の油とは、皮脂腺から分泌される皮脂と呼ばれる脂質の一種です。

皮脂は肌を保護し、水分を保持する役割を果たしていますが、過剰な皮脂分泌は肌トラブルの原因となります。
特にTゾーン(額・鼻・あご)は皮脂腺が集中しているため、油が多く分泌されやすい部位です。

スマートフォンの画面に付着した油は、肌の油と同様の成分を含んでいます。
一般的に、顔の油は皮脂と角質などの細胞片から成り立っています。

同様に、スマートフォンの画面に付着した油も、皮脂や角質、さらには手からの汚れや外部からの微粒子などから成り立っています。

このような油がスマートフォン画面に付着すると、薄い膜を形成し、画面表面がベタつく原因となります。

さらに、この油が再び顔や手に付着することで、肌への影響が生じます。

顔の皮膚は比較的デリケートであり、油や汚れが毛穴に詰まると、毛穴の拡張や炎症を引き起こし、ニキビや吹き出物の発生を促進する可能性があります。

また、顔の油が手に付着することで、手からの細菌が顔に伝播し、肌トラブルを引き起こすリスクが高まります。

さらに、スマートフォンの画面に付着した油は、細菌やウイルスの繁殖を助ける可能性もあります。

特に、スマートフォンは日常生活で様々な場面で使用されるため、外部からの微生物が画面に付着しやすく、それが油と結びつくことで繁殖しやすくなります。

このような微生物が顔や手に付着することで、肌トラブルや感染症のリスクが高まります。

以上のように、肌とスマートフォンに付着した油は、肌トラブルや感染症の原因となる可能性があります。

そのため、定期的な清掃や適切な手入れが重要です。
スマートフォンの画面を清潔に保ち、顔の油や汚れが付着しないようにすることで、美しい肌を保つことができます。

顔の油対策としてできること

顔の油対策としてできること

顔の油対策は、肌トラブルを予防し、健康的な肌を維持するために重要です。
以下では、顔の油対策について詳しく解説し、美しい肌を手に入れるための方法を紹介します。

適切な洗顔方法の確立

顔の油をしっかりと落とすためには、適切な洗顔方法が重要です。

朝と夜の2回、洗顔を行いましょう。
適温の水で顔を洗い、泡立てた洗顔料を使ってやさしくマッサージすることで、皮脂や汚れをしっかりと落とすことができます。

ただし、洗顔料を使いすぎると逆に皮脂を取りすぎてしまい、肌のバリア機能が低下する恐れがあるため、適度な洗顔が大切です。

毛穴の詰まりを防ぐ

顔の油が毛穴に詰まると、ニキビや吹き出物の原因となります。

毛穴の詰まりを防ぐためには、定期的な角質ケアが必要です。
毛穴パックやピーリング剤を使って、古い角質や汚れを取り除きましょう。
また、洗顔後には保湿を怠らず、肌の水分バランスを整えることも重要です。

適切な化粧品の選択

女性の場合は化粧品も顔の油対策に影響を与えます。
油分やアルコールが多く含まれた化粧品は、肌に負担をかける可能性があります。

肌質やトラブルに合った化粧品を選び、肌に優しいものを使うようにしましょう。
特に、オイルフリーの化粧品や水分を多く含んだ製品がおすすめです。

生活習慣の見直し

生活習慣も顔の油対策に影響を与えます。
バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレスの管理など、健康的な生活習慣を心がけましょう。

特に、睡眠不足やストレスはホルモンバランスを乱し、皮脂分泌を促進するため、肌トラブルの原因となります。

顔の油対策は、肌トラブルを防ぐだけでなく、健康的な肌を維持するためにも重要です。

適切な洗顔方法や化粧品の選択、生活習慣の見直しを行い、スマートフォンの清潔な使い方にも気を配ることで、ベタベタした肌から解放され、美しい肌を手に入れることができます。

スマートフォンの清潔な使い方

スマートフォンの清潔な使い方

スマートフォンの表面は私たちの手や顔と直接接触するため、清潔な使い方が重要です。
そこで、スマートフォンの菌油を防ぐための清潔な使い方について詳しく説明します。

定期的な手洗い

スマートフォンを扱う前に、まず手をしっかりと洗いましょう。
手は日常的にさまざまな場所に触れ、細菌やウイルスが付着しています。

手洗いはスマートフォンの清潔さを保つための基本です。
せっかくスマートフォンを清潔に使っても、手が汚れていると菌や油をスマートフォンに付着させてしまいますので、手洗いを怠らないようにしましょう。

スマートフォン用の消毒液の利用

スマートフォンの表面に菌や油が付着した場合、定期的に消毒することが重要です。

市販のスマートフォン用の消毒液を使って、スマートフォンの表面を拭き取ることで、微生物の繁殖を防ぐことができます。

ただし、スマートフォンのメーカーが推奨している消毒液を使用することをお勧めします。
アルコール濃度が高すぎると、スマートフォンの表面を傷つける可能性がありますので、注意が必要です。

マイクロファイバークロスの使用

スマートフォンの画面や表面を拭く際には、マイクロファイバークロスを使用しましょう。

マイクロファイバークロスは、細かい繊維が微細な汚れや油を効果的に取り除くことができます。

また、通常の布よりも柔らかく、スマートフォンの表面を傷つける心配がありません。
定期的にマイクロファイバークロスを洗うことも忘れずに行いましょう。

スマートフォンケースの清掃

スマートフォンケースも定期的に清掃することをお勧めします。

スマートフォンケースはスマートフォン本体と同様に汚れや微生物が付着しやすい場所です。
特に、布製のケースは汚れが目立ちにくいため、清掃を怠りがちですが、こまめな清掃が重要です。

ケースが取り外し可能な場合は、取り外して水や中性洗剤で洗浄し、十分に乾燥させることが必要です。

スマートフォンの共有を避ける

可能な限り、他人とスマートフォンを共有することを避けましょう。
他人とのスマートフォンの共有は、微生物の感染リスクを高める可能性があります。

特に公共の場所での共有はリスクが高まるため、自分専用のスマートフォンを使用するよう心がけましょう。

スマートフォンの定期的な保守

スマートフォンの動作不良や故障は、清潔さを保つ上で重要な要素です。

スマートフォンが正常に動作しているか定期的に確認し、問題が発生した場合は適切な対処を行いましょう。

また、定期的なバックアップやソフトウェアのアップデートも忘れずに行い、スマートフォンのパフォーマンスを最適化しましょう。

以上が、スマートフォンの菌油を防ぐための清潔な使い方についての指針です。

これらの方法を実践することで、スマートフォンの清潔さを保ち、健康リスクを最小限に抑えることができます。

顔の油に最適なフェイスウォッシュ

顔の油に最適なフェイスウォッシュ

最後に顔の油に最適なフェイスウォッシュをご紹介します。

それが【ZIGENのフェイスウォッシュ】です。
男のベタつき・毛穴スッキリ!つっぱらない潤い洗顔「ZIGEN」

累計販売本数120,000本を誇る知る人ぞ知る満足度96%のフェイスウォッシュなのです。

これまでの洗顔料でも油がとれなかったという方におすすめの画期的な商品です。

メリットを挙げるとキリがないですが特徴として泡立てがものすごく早くその時間わずか5秒!

朝の忙しい時間の節約にも繋がり、有効に時間を使用することができます。

こういった方におすすめ

  • ニキビ・肌荒れ
  • 毛穴の黒ずみが気になる
  • オイリー肌
  • 赤みが出てしまう敏感肌

もうこれでスマホのべたつきも気にせずいくらでもスマホでの会話が楽しめます。

ハンカチやウェットティッシュで油をふきとるのもサヨナラ。

またテカテカの顔よりもスッキリさわやかな肌のほうが何かと好感が持たれる時代です。

一度お試しになってみてはいかがでしょうか。




男のベタつき・毛穴スッキリ!つっぱらない潤い洗顔「ZIGEN」

タイトルとURLをコピーしました